コンブチャクレンズの味。人気の理由は?おいしい?まずい?

色々なデトックスが出回っていますが、コンブチャクレンズって聞いたことありますか?かわいい名前のデトックスです。お母さん世代では紅茶キノコで昔話題になったものですね。紅茶キノコと聞いてまずいんじゃないの〜?と思った方はご注目。いま大人気のコンブチャクレンズはもちろん、まずいものではありません。味の好みがわかれると思いますが、基本のコンブチャはビネガードリンクを微炭酸で割ったような感じです。少し茶色がかった液体で、栄養素と酵素がたくさん詰まっているエネルギーデトックスドリンクです。一次発酵と二次発酵のものがあり、一次発酵のほうは普通にドリンクとしてお飲みになっても味が気にならないと思います。まずい!と思われる方はフレーバリングされることをお勧めします。ゆずやオレンジなどのかんきつ類を絞ったり、ブルーベリージャムを少し入れてみたりしてもおいしいです。コンブチャクレンズは大人気ですがやはり飲みやすい、食べやすくないと長続きしませんね。ご自分の好きな味をお探しになるのもよいと思いますが、今日は二次発酵のコンブチャを使ったレシピを紹介させていただきます。

 

 

 

まず一つ目はかき氷のシロップ風にすることです。こちらは昆布茶100CCに対して50グラムのブラウンシュガー(またはココナツシュガー等)を混ぜていただき、かき氷にかけていただく方法です。このとき、カットパイン等少し酸味のあるフルーツを添えるとロサンゼルスで大人気のコンブチャアイスになります。

 

 

 

もう一つは冷やしたコンブチャにフルーツのピューレを混ぜ込む食べ方です。ザクロ、チェリー、ネクタリン等、濃厚な味のフルーツをフードプロセッサーにかけとろっとさせてから二次発酵のコンブチャに混ぜます。こちらをプレーンヨーグルト(グリークタイプがお勧めです)と半分半分にして器によそいます。上からはちみつをとろーりとかけてコンブチャフルーツとヨーグルトを混ぜながらいただきます。見た目もちょっとおしゃれ、健康的な大人気のデザートです。